読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社犀の角 公式ブログ

台東区で保育所を運営しています

不動産仲介業者の手数料が高過ぎると思う人へ

私は不動産業者の手数料に疑問を感じていました。情報化によりあらゆる業種で売り手と買い手をつなぐ仲介業の持つ役割が薄れつつある現代において、不動産業だけが従来同様に高い手数料収入を得続けているのはおかしいと思っていました。

実際に仲介業者を通じて不動産を売ったことがある人で彼らに払う手数料が高過ぎると思った方は多いと思います。この記事を読むと、その思いは益々強まると思います。例えばあなたが中古マンションの売主だとして、成約価格3000万円の場合に仲介業者に払う手数料は3%+6万円の96万円です。これが見える手数料です。しかし、あなたが負担している中間手数料はこれだけではありません。この取引が両手取引(一つの仲介業者が買主・売主両方の仲介をすること)の場合、先の業者は買主側からも3%+6万円を手数料として受け取っています。片手取引(売主・買主にそれぞれ仲介業者がついていること)なら、買主側の業者が同額の手数料を受け取っています。その原資はもちろんあなたの売却不動産なのです。つまりこの場合成約価格3000万円に6%+12万円を加えた3192万円があなたの不動産の市場価値なのです。加えて言うならば、両手取引を行う業者の中にはタンボ(担当ボーナス)と言って不当に売主物件を安く売る見返りに買主からリベートを得ようとする者もいます。不動産取引とはとても不透明なので、また、それを可しとしてきたので、こういう売主に見えないやり取りが今までまかり通ってきたのです。しかし、取引を透明化すれば不当なリベートは防げますし、売主は正当な売却益を得ることができます。これまで見えなかった売主物件の市場価値を明示し、そこから適正な手数料(両手取引で1%)を頂き、売主の売却利益を最大化すること、それが我々のこの市場でのゴールであり、存在価値だと考えています。

 

不動産を他社より5%高く売却したいかたはこちら