読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社犀の角 公式ブログ

台東区で保育所を運営しています

名古屋市議報酬問題 藤沢ただまさ議長を見て思うこと

さきほどTBSゴゴスマで河村名古屋市長と藤沢ただまさ議長が題名の件につき丁々発止しており「今日は飲んどらんがに」とか何とか仰るいつもの調子の河村市長を微笑ましく拝見させていただきました。藤沢氏は初見でしたが、素晴らしいですね。見ていて久しぶりに気持ちよくなるくらい幼児性の抜けておられない小学生のようなお方ですね。

ふじさわブログ このおもしろコメントである。市長に負けないように頑張ることがあなたの仕事ですかそうですか。支持基盤のための政治屋だと仰っているも同然。市民の代弁者としての意識が皆無のようです。

自分を偽らずありのままのお姿を全国お茶の間に晒されたことは大いに評価されるべきでしょう。それだけ正直なお人柄が忍ばれるのは「日本の中で名古屋(自分)だけ給料低いのは我慢ならないから655万上げたの!何か問題でも?」という本音が見え隠れしてしまうからです。市長が発言するたびにヒステリックにその若若しいお顔がひきつっており、感情の昂ぶりを抑えられない甲高く奇妙な笑い声を上げてスタジオの解説員に同意を求めたりしてまじきもいです。それを受けた石塚元章CBC中部日本放送)解説員も報酬引き上げ容認発言をなさっていました。彼ら名古屋のマスコミも議会(自民・民主・公明)に懐柔されているようです。蜜月タッグは市長の発言に対して尽く反論していましたが、いやいや、我が身かわいさで給料を上げたんでしょという名古屋市民や視聴者の達観した意見を覆す説得力はありません。いやー、実に面白かったです。この放送が素晴らしいのは、世論の地方議員に対する評価を今まで以上に貶め、「なんでこんな糞議員が議長を務めているレベルの議会のやつらにわしらは年間1500万以上も払ってるのや。半分でも高いくらいやろ!」という建設的な怒りを国民に抱かせると同時に、その反作用として河村市長の身を削る政策がいかに求心力がありかつ合理的であるかを引き立たせていた、そんなTV討論でした。今後も遠くから生暖かく見守らせていただきます。

 

不動産を他社より5%高く売却したいかたはこちら