読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの不動産を他社より5%高く売る@司法書士試験独学のブログ

不動産売却のセカンドオピニオンもしくは駆け込み寺 日本一安い手数料

乙武を泣かした松田と、乙武に泣かされた筆談ホステス【めぐり逢い乙武騒動~完結編】

偽善者 時事ネタ 清々しいクズ 自戒

 収束に向かう乙武騒動

乙武氏 誕生会で出席者に謝罪(2016年4月5日(火)掲載) - Yahoo!ニュース

4.5出馬会見のつもりが謝罪の場となり、それでも逃げずに大勢の前できっちり頭を下げることができる乙武さんはある意味政治家向きかもしれません。これで禊にしたいのでしょうけれど、彼は今後も決して政治に関わらざるべき方だと私は思います。一部では都知事選出馬とか囁かれていますが都民の一人として心よりご辞退お願い申し上げます。

 

乙武不倫騒動を外野から華やかに彩ったのは、遅れてきた炎上請負人やまもといちろう氏です。新潮へのリーク疑惑でなんとかつてのマイヒーローだった松田公太が絡んできたことで俄然興味を持って調べだし考えてはじめたこの騒動です。

 過去記事

乙武問題で露呈した元熱血銀行マン松田公太氏の倍返しスタイル - あなたの不動産を他社より5%高く売る(株)のブログ

ショーンKと関わりが深い松田公太が乙武騒動でやまもといちろうに追い込まれている件 - あなたの不動産を他社より5%高く売る(株)のブログ

 

そんな一人熱く盛り上がる私個人とは裏腹に世間的には時が経つにつれ穏やかに収束の方向へ向かいつつあります。じゅうぶん叩きつくされて埃も出ねえ感があるので、このまま平穏に時が過ぎてくれれば何よりだと思います。しかしその穏やかな空気をぶち壊しかねない程やまもとさんの今回の二投稿が与えた衝撃度と説得力は凄まじく、個人的にはピューリッツァー賞か何かあげてもいいんじゃないのと思うぐらい素晴らしいものでありますので、是非広く世界の方々に読んで見識を深めて頂きたいのです。

 一の太刀

政治資金ごまかした松田公太さん、逆恨みで乙武洋匡さんの不倫旅行を暴露(山本一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

二の太刀

松田公太さん、乙武洋匡さんの不倫旅行暴露に関し謎の釈明記事をブログにアップする(修正あり)(山本一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

誰が乙武を売ったのか 

これは私見的結論ですが、誰が新潮に垂れ込もうがこの件だけに限れば(松田さんの政治資金問題は置いておいて)乙武さん含めた登場人物全員には、これ以上糾弾されるべき過失がないと思うに至りました。10文字で言うなら小悪党共の人間ドラマです。乙武氏も不倫という夫婦間の大問題を含めてやってることは卑劣極まりないゲス小悪党の域を出ず、政治家としての可能性を完全に絶たれる大バッシングを受けるのは仕方のないことですが、なお愛らしいそのキャラクターで、今後も世間の慰みものとしての価値ならばまだ残存しているようにも思えます。彼も含めた登場人物全員が、生きるか死ぬかの政治の世界で死を極端に恐れ怯えながらも必死で生きようとする善良な弱き人たちなのです。強く美しい人も、生まれ持っての悪人もここにはいません。

そして「誰が何のためにこのタイミングで乙武を新潮に売ったのか」という不可解な謎の残るこの騒動ですが、このストーリーが単なる不倫スキャンダルでは終わらない奥ゆかしい味わいを生んでいるのが、まさにこの謎の存在です。どうしてもこの点をすっきりと自己完結させたかったので、脳内で勝手にまとめてしまいました。グーグルでこんなのもつくれるようになってたんですね。復習がてらこの騒動の人物相関図など作ってみましたよ。それでは乙武劇場の登場人物をご覧下さい。

乙武不倫騒動相関図

f:id:ta960:20160407030855j:plain

松田さんの友達のショーン地上の星となって、草葉の陰からみんなを見守っているよ

 筆談ホステスと増沢諒

もうネタ元が松田さんでもいいじゃん。例えそうだとしても誰も松田さんを非難できないと思うのです。乙武さんは松田さんのみならず、筆談ホステスの斉藤りえ区議に対しても秘書引き抜きという不義理を働いていたのです。自分だけでならまだしも数少ない大切な元気会党員にもそんなことされたら、そりゃ松田さんも怒るよ。しかも乙武さんご自身と同じく障害を持つ者を相手にですから、乙武さんの卑劣さに怒りを抱くのは無理からぬことです。

筆談ホステスこと斉藤里恵の秘書は誰?増沢諒氏が乙武不倫旅行のダミー男性?! | 今の日本はど〜なってるの?!!

そしてその秘書とされる増沢諒さんは今回の騒動で明るみになったニューカマーゲスの最右翼です。増沢諒【政治は面白い!】それと同時に今回の騒動の一番の被害者でもあります。

まだ若き女性であり聾唖者であり泥船の元気会所属の新人区議である斉藤さんから、勝ち馬であり裏切り者であり自民の公認を得て確実に政界をステップアップしていく(と思われていた)乙武さんに乗り換えという変えがたい事実、これだけで一般有権者の目にはどう映りますか?いくら政治の世界の話とはいえ、そこまであからさまにご自身を貶められますかそうですか。更に不倫旅行のダミー役やった見返りに雇用してもらったとか、言うに及ばず。彼もきっと言い分はあると思いますがここまでシンプルに強いカードが揃うと分が悪すぎます。彼やあの名古屋市議長一人マッドマックスさんのように、平気でご自身を貶めることができる方、または自身の行動が自身を貶めていると気づけない方は、まずご自身の立ち位置と政治家として必要な素養との間の埋めがたい溝をしっかりと理解して頂きたいのです。そうすればもう二度と政治家になろうなどという分不相応な色気をお持ちにはならないでしょう。乙武氏の失脚は増沢さんにとっても不幸であり、あまりにも皮肉な結果となりましたが、名前が売れなかったのは不幸中の幸いです。しっかりと自身を見つめ直して、別の世界で生きていって欲しいと思います。

対照的におときた駿さんは出自によってとんだとばっちり受けた形となりました。出馬宣誓書の面では多少絡んでいるとは思いますが、リーク元は彼ではないでしょう。彼は舛添都知事の高額出張費問題の追求という非常に意義のある仕事をなさろうとしています。その為の一歩を踏み出しましたが、これで終わりだったら単なるかませ犬です。都政の膿を出し切るまで全力で事実を究明すべく頑張って頂きたいです。

舛添知事に海外出張費を開示請求→787枚で手数料21,060円!!さらに黒塗りだらけな件 | 東京都議会議員 おときた駿 公式サイト

 

最強の二人

それにしてもこの堂々たる2ショットである。

f:id:ta960:20160407045740j:plain

二人とも本当にいい顔しています。これを見ただけで、もう私には松田・佐藤タッグが文字通り刺し違えるつもりで刺したという線以外考えられねえのです。すごく信頼関係構築されてそうですもんこのお二方。ご両人バリバリの体育会出身ですのできっと義理堅いでしょうし。

銀行員時代は上司とぶつかることを恐れずまさに半沢直樹を地でいっていた松田公太さん

すべては一杯のコーヒーから (新潮文庫) | 松田 公太 | 本 | Amazon.co.jp

空自で戦闘機乗りだったという漢の中の漢・佐藤さん

僕は人々にきっかけを与えていきたいんです|Whose real is it? 誰かのリアルを自分のリアルに・・・

そんな佐藤さんが、乙武さんの裏切りによって選挙で勝つ見込みを完全に失った沈みかけの泥船「元気会」キャプテンの松田さんを見捨てて、必ず勝つが卑劣としか言えない当の裏切り者乙武さんに乗り換えるなんてことは、私にはどうしても納得できないのです。それって戦闘機乗りという人種が一番忌み嫌う行動ですから。よって、乙武サイドへの寝返りと見られて当然の海外旅行同伴(しかもダミーとして)を松田さんに内緒で為さったとは到底思えません。なので実際のところは、寝返ったと見せかけて乙ちゃんを安心させてからの松田さんと示し合わせた通り、空港にて新潮パシャリ でしょう。

確かに政治家・松田公太にとってそれは間違ったタイミングでした。乙武氏と自民党を蹴落として選挙に勝ち、そして元気会を存続させるためには、リークすべき唯一の好機は公示の後だったのかもしれません。しかし人間・松田公太は、相手を貶めて勝つことを選ぶくらいならば、相手と刺し違えて死を選ぶを潔しとする現代の侍なのでした。それがこの汚い政治の世界で密かに行われた時代錯誤のサイドストーリー。バッシングを受けるかも知れないが、そんなものは覚悟の上の二人の正義の形。これが私の望むこの騒動の美しい件末なのです。

 

という寝言はさておき現実的な話

実際問題、公示後にリークすれば自民党にとっては党全体に関わる問題になっちゃうのでそれこそ全力で揉み消しにかかるでしょう。それだとリークが失敗に終わる危険性があります。そして自民党にそこまでの恨みを買った松田氏が、報復としてリークを返され自身のスキャンダルを取り沙汰されるリスクも考えなければなりません。前回初当選後に露呈した隠し子騒動などもありました。まだご自身で後暗い部分を自覚しておられ、懐にどうしても見られたくないものをお持ちならば、最大組織相手に安安とは喧嘩を売れないでしょう。以上から鑑みると、乙武氏個人を確実に葬るためのリークのタイミングは自民党が公に乙武氏に関与する前がやはりベストだったのです。よって公示前に乙武氏を確実に刺し殺すことを選んだ松田氏は、同時に元気会存続の最後のチャンスを自ら絶ったのだと言えます。そして問題の佐藤氏ですが、いのちの使い方を考え空自を辞めたと宣う(諸説ごもっともです) そんな彼に、なぜ私はかつて日本国戦闘機乗りの死生観を期待したのでしょうか。二十行前の確実に寝ぼけていたであろう自分を思いっきりぶん殴って「この騒動には、アメリカ海軍に今なお畏敬されているようなジャパニーズカミカゼは出てこないんだよ」と小一時間説教してやりたいです。同伴旅行が佐藤氏の裏切りだったのかそうではないのかは、今となっては完全に判断つきかねます。ご自身のいのちを惜しみなく使うためにも泥船から脱出するというのは当然の行動で、その選択はご自身以外の誰にも非難することができないからです。

 

闘いに疲れ果てた空想の中の漢(おとこ)たちへー 

まず、漢(おとこ)を音読みにして姦(かん)であると誤解してらっしゃった茶目っ気たっぷりの乙武さんへ。性欲ブレーキの初期設定が甘甘のあまちゃんだったことを大いに反省して、今回の不倫騒動は神に与えられた更生と家族再生の機会だとむしろ喜び、真面目に日々を生きてらっしゃる障害者の方々に二度と不利益と不快な思いを与えないように今後謹み、松田さん佐藤さんに対しては感謝こそすれ決して恨みなどは抱かないで頂きたいのです。そして週刊新潮はあれ以来欠かさず購読してます」でおなじみの新潮ウォッチャーへと成長することができれば、TVタレントとして今後も末永く視聴者に愛玩されること間違いないでしょう。

漢(おとこ)をすりおろしたものを漢(おとこ)にぶっかけたような男であられる松田さんと佐藤さんへ。大義なしとは言えずも、時代の寵児を完膚なきまでに叩きのめし、虚栄ではあるが彼の描いた栄光へ続く未来像を葬り去ったのは事実です。松田さんは残念ながら今回の選挙で落選するかもしれません。しかし不死鳥・松田の復活を信じて待ち望む佐藤さんの他多くのフェローのためにも、万一に備え少年ジャンプくらいはワイシャツの下に巻きつけてでも死路であるこの選挙戦を戦い抜く。それ位の最後のくそ根性を見せて頂きたいのです。

そして今回唯一のリアル漢(おとこ)であられ最後に現れた第三の男、Mrフルボッコ・漢akaやまもといちろうさんにおかれましては、疲れるもなにも今回はわずか二の線で見事な完全勝利を収められた寿ぎを申し上げます。まだ見せぬ懐刀なども忍ばせておいでであるがゆえ暴れたりぬこと山の如しとは存じますが、そこは何卒武士の情けでそっとその研ぎ澄まされた刃を鞘に収めていただき、次は何に切り込んでくれるのだろう舛添だろうか舛添だろうなと常日頃はらはらどきどきウォッチさせて頂いているわれわれのためにも、次なる猛者とのバトルへ向けて存分に鋭気を養って頂きたいのです。

 

~後記にかえて~

ー澱んだ空に思いがけず一機の零戦が颯爽と飛び立ちました。しかしそれは私の作り上げた虚栄に過ぎず、ブロンブロンと水平線手前に落ちて消えて行きましたー

ラストは理想と現実が交互に急加速してきて書いていて自分でも吐き気が止まりませんでした。今この騒動に決着を付けるのは私にとってはそれだけ苦しまぎれの論理を展開しなければならなかったということです。途中まではすんなり美談で終わらせるつもりだったのですが、突如天邪鬼が現れて私にこう囁くのです。

「本当は知ってるだろう?人間は汚いものだ」 私は彼に答えました。

「確かにそうだ。しかし人間には理想を求める強く美しいものもいるのだ」

しかし彼の言うことをよくよく考え直したら、ここに出てくる人間はみなが現実を生きることに必死な弱い人たちだということに気づきました。そしてそれが悪いと言いたいわけでは決してありません。じゃあ結論は何かと改めて聞かれると、とても困ってしまうのですが、5000字を越える駄文を書き上げてしまった今あらためて感じることは、時間の他にもいろいろな物を失ってしまったなあという諦観と、もう決して一時の感情に任せてこのような妄想に取り憑かれた愚行は犯さぬという強い決意です。これにてようやく現実に舞い戻り、再びせこせこと不動産登記法の習得に取り掛かれます。最後になりましたが、政治という枠組みの中でかなしさとおかしさの相混ぜになった人間の姿をありのままに見せて我々を魅了した乙武さんを筆頭とする本作キャストの方々には心より感謝申し上げます。

 

不動産を他社より5%高く売却したいかたはこちら