読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの不動産を他社より5%高く売る@司法書士試験独学のブログ

不動産売却のセカンドオピニオンもしくは駆け込み寺 日本一安い手数料

むしょうになまけたいときには

人間心理 勉強

 

勉強に取り組んでいる時には、私を勉強から引き離そうとする力が強くなってくる

 

それは、なまけたい という気持ち

その気持ちは、勉強を始めてから日増しに強くなってきている

 

勤勉なじぶん

享楽的なじぶん

 

常に二人のじぶんが、己の中で戦っている

 

なぜ 勉強しても一向に理解しない 頭の悪さ 集中力のなさ 

こんなに出来ないことが情けない

じぶんにじぶんの恥を晒してまで かじりつく必要があるの?

じぶんが苦しむ 意味があるの?

 

難解な箇所に引っかかるごとに、享楽的なじぶん が問いかける

 

それよりも お前は 好きな人の声を聴き 好きな情報に触れている方が

幸せなんじゃないのか?

 

一日中ふとんに横たわり 好きな時に 寝て 腹が減ったら 食べて 

 

そんな原初的な生活が 自然体のお前がのぞんでるものなんじゃないのか?

 

うん、そうだね。確かに楽観的で出不精な性格の俺だから お前の言うとおりかも知れない

 

なまけたい とことんなまけたい 頭に 体に なにも負荷をかけたくない

泥のようになまけたい 煩わしいことは 一切 耳にしたくない

 

ふと、勤勉なじぶんに 目を移す

 

勤勉なじぶんは何も言わずに これが結果だ そう冷たく 突き放す

 

じぶんの為すべきことを為さず 常に感情に流され 何かと理由をつけては 

目の前の敵に立ち向かおうとしない

 

享楽的で 怠惰な生活に 侵されてしまったお前を もう助けることはできない

 

天上からそう言って 消えてしまった

 

そうか、俺は ずっと拠り所にしていた大切なものを失ってしまったんだ

 

そう思うと 寂しくなる

 

でもその寂しさは 少し眠れば すぐに消すことができる

 

そして、今日も 享楽的なじぶんの声に従い

怠けられる幸せを噛み締めながら 

 

何もしない一日を過ごすのだろうか

 

それは 真の自由人となることを諦めた 人生の奴隷のよう

運命には逆らえない じぶんの能力の限界はこんなもん

 

それって 昔のじぶんが最も嫌っていた言葉

昔のじぶんを知っている 学生時代の恩師 故郷の友達 死んだ祖父母

かつての同僚や上司

さんざん迷惑かけた両親

 

じぶんだけで生きているから なにしてもいい そう思ってるなら

思い出して

 

おまえが これまでに 必死で頑張ってきたこと 自分自身が一番わかってる

 

その中で何度も壁にぶつかってきたこと がんじがらめで苦しんだこと

その度に 決して諦めずに立ち上がってきたこと

 

本当は苦しいんだよな 怠惰な自分を見るのは 本当は辛いんだよな

だったら享楽的なじぶんに 身をゆだねちゃいけない

意思の他の何かに支配されること 自分を偽ること

それを一番嫌っているのは お前だろう

 

勤勉な自分は今はいないけど そのうちまた姿を現すよ

だから その日まで じぶんの能力を決して見限らないこと

どんなに絶望的な瞬間が襲ってきても 闘うことを 決してやめないこと